六星占術は当たらない?と感じた時に読んでね

開運

六星占術は当たらないと考えている人もいるでしょう。


スポンサーリンク

そう考えるのは自由なので当たらないと考えるのもいいでしょう。六星占術が当たると考えても当たらないと考えても特に問題はありません。

ただし、そもそも六星占術の内容や言葉の定義自体を知らないのに六星占術は当たらないと言う人もおられるようです。そういった間違った判断や理解で六星占術は当たらないと判断している人もおられるので注意したいところ。

また六星占術に限らず占い全般に当たる人と当たらない人がいます。何故そのようなことが起きるのか?今回はその辺りについて解説します。

六星占術の大殺界について

まず六星占術の大殺界について「すべてのことがうまくいかない時期」と考えている人が多いように感じます。確かにうまくいかないことが多い時期ではありますがその時点で少し間違っていると考えてください。簡単に解説します。

 

大殺界はラッキーなことが起きにくい

まず大殺界はラッキーなことが起きにくい時期だと考えてください。これは間違いないところです。

誰もが調子の良い時期があることでしょう。仕事などで失敗しそうになっても思いもよらぬところから助けが入ったり起死回生の逆転劇で営業の成約が取れたり、起業して実力以上にすごい結果がでることもあります。

しかしながら大殺界の時期にはこういったラッキーな出来事が起きにくいと思ってください。

すなわち大殺界は実力通りの結果しか出ない時期と考えてください(正確に言うと少し違いますがこの後に書く内容もチェックしてください)。

言い換えると運気の後押しが無い時期なのです。

 

他人に足を引っ張られることも

また大殺界の時期には他人に足を引っ張られるような出来事も起きやすいです。これは運気が良い時期にはあまり起きないので気が付きにくいことですが、大殺界の時に他人から邪魔が入るのは知らず知らずのうちに他人にひどいことをしたり感謝の気持ちを忘れている人に起こりやすい現象です。

例えば達成などの運気の良い時期に成功を収めたとしてもそれは自分の力だけの成功ではないでしょう。他の多くの人の力に支えられています。ご先祖様や守護霊様の力もあったかもしれません。

それにも関わらず感謝の気持ちを忘れ、お世話になった人にも感謝の気持ちを示すどころか何もせず自分の実力だといばりちらしていたらどうなるでしょう。その運気が良い時期には大丈夫かもしれませんが、そういった愚かな行動の積み重ねが大殺界の時期にしっぺ返しとなって出てきます。

すなわち大殺界の時期は感謝しない人、謙虚な気持ちを忘れた人が足を引っ張られる可能性が高くなります。

「自分のおかげもあって成功したのにあいつは何もしてくれない」と直接文句を言うような人はほとんどいないので、なかなか気が付かないところですがやはり愚かな行動には反動があるということです。それが大殺界の時期に出やすいのです。

 

神様からのメッセージ

愚かな行動をしていても人間はなかなか気付きません。またそれを教えてくれる人も少ない。そして教えてくれても「やっかんでいるだけ」と忠告を受け付けない人も多い。

そういった人のために神様が「あなたの成功はあなたの実力だけで達成できたのではない。謙虚になりなさい」と大殺界の時期に教えてくれるのです。

そのために大殺界の時期には実力以上の力が発揮できなかったり足を引っ張られるかもしれません。でもそれは自業自得なのです。自らの愚かな行動のしっぺ返しが大殺界の時期に出ているのです。

 

大殺界の影響を受ける人と受けない人(六星占術が当たる人、当たらない人)

逆に普段から他人に感謝しご先祖様や守護霊様に感謝する人、謙虚気持ちを持つ人は大殺界の影響を受けにくいとされています。恨まれることも少なく足を引っ張ろうとする人が少ないので当然ですよね。

神様も「その調子でいいよ」というメッセージしか出さないので大殺界でも問題なく良い結果が出ることになります。

周りから見れば「あの人は大殺界なのに調子良い。本当に運が良い人だ」と見えるかもしれませんが、それは普段からの行いであり行動であり考え方なのです。

大殺界の時期に運が良いとやっかむよりも、そういった普段の行動を真似たいところです。

 

大殺界の時期に悪いことが起きる人は注意

ということで人によっては大殺界でも全く問題なく過ごせる人もいます。それは日頃から他人に感謝し、ご先祖様や守護霊様に感謝し謙虚に過ごしているからです。

逆に言えば大殺界の時期に悪いことが起きる人、気分が落ち込みやすい人はそれは何らかの神様からのメッセージとして考えた方がいいでしょう。

感謝を忘れている可能性があります。もしくは常日頃から他人につらく当たることが多い人かもしれません。自覚がないかもしれませんが、、、。

例えばお店などで店員さんに偉そうな態度が出る人がいます。お金を出しているから当たり前と思っているかもしれませんが大間違い。世の中は働いてくれる人がいるからこそ誰もが何不自由なく生活できるのです。

すなわち働いてくれる人に常に感謝の気持ちを持つことが必要なのです。他にも感謝の気持ちを忘れていないか普段の生活で考えるべきです。人だけでなく物にも感謝の気持ちを持つべきでしょう。

イチローさんが他の人が練習を終わって遊びに行った後でもグローブやバットに感謝し磨いていたというのは有名な話。だからこそ好不調の波が少なく大記録を達成されたのだと思います。

当然、人や物だけでなく、直接的には目に見えないご先祖様や守護霊様にも感謝の気持ちを持つことが必要です。

大殺界の時期に悪いことが起きると感じている人は「大事なことで忘れていることがあるよ」と神様がメッセージをくれていると考えてください。

この大殺界の時期には多少なりとも悪いことがあるかもしれませんが、それは定期的に人生の膿を吐き出しているからその程度で済んでいるのです。一気に来ないだけでもありがたいと考えるべきでしょう。

 

六星占術など占いの基本は統計学

六星占術に限らず占い全般に統計学が前提となります。

過去の膨大なデータから統計的に算出してその傾向を導き出すと考えていいでしょう。

その統計学のデータの解釈によっては枝分かれしてより細かくなったり逆にあいまいになることもあります。

また計算方法によって多少のずれが出てくることもあります。

また、たくさんの人で示し合わせればかなりの確率で当たるのですが個々になるとどうしても当たらないケースも出てきます。六星占術も全ての人が完璧に当たるものではないと考えてください。

大殺界なのにうまくいく、逆に安定なのにうまくいかないし心がざわつくといった可能性もあるということは理解してください。外れる確率も一定割合であります。

当然のことながら人によっては外れるケースが多いこともあり得ます。

ただし個々の当たらない人でも実は少し長い時期で見れば当たっていることが多いことでしょう。短期でその場その場で当たる当たらないと考えるものではないと考えてください。

あくまでもより良い人生を生きる上でより確率の高い道を歩むための道しるべと考えた方がいいでしょう。

 

六星占術は芸能人では当たっていない人がいる?

あと芸能人など他人を六星占術で占って当たらないと判断している人もいますがそれも間違いが起きやすいです。

成功しているように見える人でも現実には大失敗しているケースもあります。芸能人で大成功しているように見えて実は投資などの借金で首が回らないという人も。お金目的で集まってくる人間関係で苦しんでいる人もいます。

すなわち他人の目に見えているところだけで成功失敗を語るべきではないのです。

成功しているか失敗しているか分かるのは本人もしくは本人に近い人だけでしょう。情報が少ない中で他人のものさしで他人を判断すること自体が間違っていると考えた方がいいです。

芸能人に近い人が判断するならまだしも一般人が芸能人について六星占術などで占っても当たらないケースは多くなると考えてください。それよりも自分や身近な人で確認すべきです。

 

六星占術が当たらない場合がある理由のまとめ

  • 大殺界は普段の行いが表に出てきやすい時期
  • よって普段から感謝の気持ちが強い人、謙虚な人は影響を受けにくい
  • 逆に感謝の気持ちが弱い人は大殺界の影響を受けやすい
  • そのため六星占術が当たる人と当たらない人がいる
  • また六星占術に限らず占いは基本的に統計学
  • 多数のケースで見れば当たるケースが多いが個々に見れば外れるケースもある
  • 芸能人など赤の他人を見て当たっているかどうかを判断するのは間違い

今回は六星占術が当たらないという意見についてまとめました。基本的には六星占術は良く当たると考えられますがやはり個々のケースを見ていくと解釈の間違いなどで当たらないと思えるケースも出てきます。

ただしそれにも理由がある可能性もあります。今回の事例などを見て間違った判断をしていないか今一度考えてみることをおすすめします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です