土星人プラス、相性の良い星人2020(六星占術 令和2年)

土星

今回は細木和子先生(細木かおり先生)の六星占術2020年、土星人プラス(土星人+)から見た各運命星別の相性運になります。すなわち土星人プラス(土星人+)の令和2年の相性運になります。少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク

まず、六星占術では相性には2つの面があるとされています。

1つは生まれ持った相性、そしてもう1つは時間と共に変化していく相性。それぞれ地運、天運と呼んで区別します。

天運はその年のお互いの運気の組み合わせによって判断します。そのため、その年によって組み合わせの相性も変わってきます。そして相性として最も重視すべきなのがこの天運になります。

すなわち、元々の生まれ持ったお互いの相性よりも日々変動する相性(今年の相性)の方が重要視されるのです。元々相性が良い人でも今年は最悪の相性ということも有りえるのです。

結婚するほどの2人でもタイミングが悪ければ破局に至ってしまうのはこのためかもしれません。

Check!

  • 相性は大きく分けて2つある
  • 生まれ持った相性=地運
  • 時間と共に変化する相性=天運
  • 天運の方が重要とされる
  • すなわちここで紹介する2020年の相性運を重要視する必要あり

ここではその重要視すべき天運を元に2020年の相性運を解説していきます。今すぐにより深い仲になるべきかどうか、結婚を急ぐべきなのか仕事で組みべき相手なのかどうかなど1つの参考にしてください。

(もちろん今回の相性運が全てではありません。いろいろな条件を含めて総合的に判断してください)

自分や調べたい相手の運命星(六星など)が分からないという人は運命星(六星など)の判別を先にしてください。

運命星の判断⇒細木数子(細木かおり)の六星占術、占いの方法

また、占いをする前に土星人の性格、結婚感などを知っておくといいでしょう。別途まとめているのでそちらも確認してください。

土星人(プラス、マイナス)の性格、相性、結婚感など

それでは土星人プラス2020年の相性運を見ていきます。少しずつ下がって確認ください。

【細木数子 六星占術 2020】土星人プラスの運勢~相性運

それでは細木数子 六星占術 2020年、土星人プラス(土星人+)から見た相性運(令和2年)を見ていきます。

まず、自分の運勢は<種子>で良い運気です。全体的に相性運も良好。新しい出会いなどのチャンスの時期でもあります。

ただし軽はずみな行動には注意してください。調子に乗りすぎると痛い目にあうかも。

 

土星人プラスから見た土星人プラスとの相性運

土星人プラスから見た土星人プラスとの相性運は良好

組み合わせ(種子⇒種子)

  • 今年はお互いに<種子>で良い運気
  • 昨年まではイライラが募っていたのが嘘のよう
  • ただし軽はずみな行動には注意、相手のこともよく考えて

 

土星人プラスから見た土星人マイナスとの相性運

土星人プラスから見た土星人マイナスとの相性は今ひとつ。

組み合わせ(種子⇒減退)

  • 土星人マイナスは減退で大殺界、運気が低下中
  • 相手は自分が元気なことををうらやましく思いうかも
  • あまり相手しすぎると相手の運気に飲み込まれてしまうので注意

 

土星人プラスから見た金星人プラスとの相性運

土星人プラスから見た金星人プラスの相性は良い感じ。

組み合わせ(種子⇒立花)

  • 金星人プラスは<立花>で良い運勢
  • 一緒に何か始めるといいかも
  • 関係が深まり楽しく過ごせそう

 

土星人プラスから見た金星人マイナスとの相性運

土星人プラスから見た金星人マイナスとの相性も良い感じ。

組み合わせ(種子⇒緑生)

  • 相手は<緑生>で良い運勢
  • お互いに運気が良く楽しくなれそう
  • じっくりと関係性を作るチャンス

 

土星人プラスから見た火星人プラスとの相性運

土星人プラスから見た火星人プラスとの相性も良い感じ。

組み合わせ(種子⇒達成)

  • 相手の火星人プラスは<達成>運気上昇
  • お互いに刺激しあえる良い関係になれそう
  • 一緒に楽しく過ごせそうです

 

土星人プラスから見た火星人マイナスとの相性運

土星人プラスから見た火星人マイナスとの相性はまずまず。

組み合わせ(種子⇒健弱)

  • 相手の火星人マイナスの運勢は<健弱>で運気低下
  • 相手がしんどそうだったら少し手を貸してあげるのと良さそう
  • ただし何でもやりすぎるのは禁物。適度な距離感を

 

土星人プラスから見た天王星人プラスとの相性運

土星人プラスから見た天王星人プラスとの相性は良好

組み合わせ(種子⇒再会)

  • 相手の天王星人プラスは<再会>で良い運勢
  • お互いに充実しているので良い関係性が築けそう
  • 一緒に新しいことを始めるのも良さそう

 

土星人プラスから見た天王星人マイナスとの相性運

土星人プラスから見た天王星人マイナスとの相性は今ひとつ

組み合わせ(種子⇒乱気)

  • 相手の天王星人マイナスは<乱気>で運気低下
  • 相手はしんどそうなことが多く自分とは対照的。適度な距離を保って
  • 相手のペースに乗らない方が良さそう。きつい時は第3者の手を借りた方が良いかも。

 

土星人プラスから見た木星人プラスとの相性運

土星人プラスから見た木星人プラスとの相性は良好

組み合わせ(種子⇒安定

  • 相手の木星人プラスは<安定>で良い運勢
  • 相手は気持ちが落ち着いているので困ったことは相談するのも良さそう
  • ただし来年は相手が大殺界。結婚などを考えているならばなるべく今年のうちが良さそう

 

土星人プラスから見た木星人マイナスとの相性運

土星人プラスから見た木星人マイナスとの相性は良い感じ

組み合わせ(種子⇒財成)

  • 木星人プラスは<財成>で金運など良い運勢
  • お互いに運気充実。元気な相手が頼りになりそうです。
  • じっくりと信頼関係を築いていくのも良さそう

 

土星人プラスから見た水星人プラスとの相性運

土星人プラスから見た水星人プラスとの相性は今ひとつ

組み合わせ(種子⇒停止)

  • 相手は<停止>の大殺界
  • 相手はしんどい思いをしているかも
  • 何かを一緒にするのはよく無さそう。適度な距離感を保とう

 

土星人プラスから見た水星人マイナスとの相性運

土星人プラスから見た水星人マイナスとの相性は今ひとつ

組み合わせ(種子⇒陰影)

  • 相手の水星人マイナスは<陰影>大殺界に突入
  • 気分が落ち込み始めた相手に足を引っ張られる可能性も
  • 相手に合わせたら大変なことになるかも。適度な距離感を保って

 

2020年土星人プラスの運勢~相性運まとめ(令和2年)

2020年の土星人プラスは<種子>ということで運気が好転。晴れやかな気分になれそうです。そのままの気分で運気の良い人とは相性が良いのですが逆に落ち込んでいる人との相性は今ひとつになるかも。

うまくいかない人とは適度な距離感を保って相手にペースを握らせないようにしてください。

更に詳細に土星人プラスの2020年の相性運について知りたい人は細木数子先生(今は細木かおり先生に引き継いでおられます)の書籍で確認ください。

細木数子先生(細木かおり先生)の六星占術関連書籍


スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 彼が土星人プラス、私が火星人マイナスです。
    ここ2年、彼の生活に色々変化があり、仲がうまくいきません。
    2020年の相性はまずまずとありましたが、今より好転するのでしょうか。

    • >さよさん

      土星人プラスは昨年まで大殺界。今年から運気が良くなります。

      逆にさよさんは今年は健弱で運気が落ちる時期です。

      ここ3年よりは相性は良いのですがさよさんの方がしんどいかも?

      相手の方が元気でさよさんは振り回されるかも?

      とりあえず言動には注意していただければと思います。

      かっとなって言い合いになると相手を傷つけてしまうかもしれません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です