火星人プラス、相性の良い星人2018(六星占術)

火星

今回は細木数子先生の六星占術2018年、火星人プラス(火星人+)から見た各運命星別の相性運になります。すなわち火星人プラス(火星人+)の平成30年の相性運になります。


スポンサーリンク

六星占術では相性には2つの面があるとされています。

1つは生まれ持った相性、そしてもう1つは時間と共に変化していく相性。それぞれ地運、天運と呼んで区別します。

天運はその年のお互いの運気の組み合わせによって判断します。そのため、その年によって組み合わせの相性も変わってきます。そして相性として最も重視すべきなのがこの天運になります。

すなわち、元々の生まれ持ったお互いの相性よりも日々変動する相性(今年の相性)の方が重要視されるのです。元々相性が良い人でも今年は最悪の相性ということも有りえるのです。

(参考:細木数子先生の六星占術関連書籍

Check!
  • 相性は大きく分けて2つある
  • 生まれ持った相性=地運
  • 時間と共に変化する相性=天運
  • 天運の方が重要とされる
  • すなわち2018年の相性運を重要視する必要あり

ここではその重要視すべき天運を元に2018年の相性運を解説していきます。より深い仲になるべきかどうか、結婚を急ぐべきなのかどうかなど参考にしてください。

自分や相性を調べたい相手の六星が分からないという人は六星などの判別を先にしてください。

細木数子の六星占術、占いの方法

また、占いをする前に火星人の性格、結婚感などを知っておくといいでしょう。別途まとめているのでそちらも確認してください。

火星人(プラス、マイナス)の性格、相性、結婚感など

 

【六星占術 2018】火星人プラスの運勢~相性運

それでは細木数子 六星占術 2018年、火星人プラス(火星人+)から見た相性運(平成30年)を見ていきます。

 

火星人プラスから見た土星人プラスとの相性運

火星人プラスから見た土星人プラスとの相性運は今ひとつ。相手が大殺界で運気が下降中です。適度な距離を取った方が良さそう。

組み合わせ(立花⇒停止)

 

火星人プラスから見た土星人マイナスとの相性運

火星人プラスから見た土星人マイナスとの相性も今ひとつ。相手は大殺界で運気が下降中です。やはり適度な距離を取った方が良さそうです。

組み合わせ(立花⇒陰影)

 

火星人プラスから見た金星人プラスとの相性運

火星人プラスから見た金星人プラスとの相性はかなりいい感じ。お互いに良い運気になっており何をするにも良い組み合わせです。

組み合わせ(立花⇒種子)

 

火星人プラスから見た金星人マイナスとの相性運

火星人プラスから見た金星人マイナスとの相性は今ひとつ。相手は大殺界で運気が下降中です。なるべく2人きりで会うのは控えたほうがよさそう。

組み合わせ(立花⇒減退)

 

火星人プラスから見た火星人プラスとの相性運

火星人プラスから見た火星人プラスとの相性はお互いに良い運気で息がぴったり。良い関係が築けそうです。来年はお互いに運気が下降するので結婚などの大きなイベントを考えているなら今年中が良いかも。

組み合わせ(立花⇒立花)

 

火星人プラスから見た火星人マイナスとの相性運

火星人プラスから見た火星人マイナスとの相性はいい感じ。お互いに良い運勢です。関係性を深めるのに良い時期になりそうです。

組み合わせ(立花⇒緑生)

 

火星人プラスから見た天王星人プラスとの相性運

火星人プラスから見た天王星人プラスとの相性も良い感じ。前向きにコミニケーションを取ると良さそうです。

組み合わせ(立花⇒達成)

 

火星人プラスから見た天王星人マイナスとの相性運

火星人プラスから見た天王星人マイナスとの相性は今ひとつ。相手が運気下降中、相手のちょっとした行動が気になりそうです。ペースに巻き込まれないように注意。

組み合わせ(立花⇒健弱)

 

火星人プラスから見た木星人プラスとの相性運

火星人プラスから見た木星人プラスとの相性は良い感じ。お互いに良い運勢で良い影響を与えることができそう。相手の良いところを見習うといいでしょう。

組み合わせ(立花⇒再会)

 

火星人プラスから見た木星人マイナスとの相性運

火星人プラスから見た木星人マイナスとの相性は今ひとつ。相手の運気が降下中。頑固な態度にいらいらさせられるかも。適度な距離感を持って接しよう。

組み合わせ(立花⇒乱気)

 

火星人プラスから見た水星人プラスとの相性運

火星人プラスから見た水星人プラスとの相性はよい感じ。相手は最高運気で充実した関係になりそう。ただしお互いに来年は運気が下降します。結婚などの大きなイベントを考えているならば今年中に。来年に持ち越さないようにしたい。

組み合わせ(立花⇒安定)

 

火星人プラスから見た水星人マイナスとの相性運

火星人プラスから見た水星人マイナスとの相性は良い感じ。コミニケーションをしっかりと取れば良い関係性が築けそうです。

組み合わせ(立花⇒財成)

 

2018年火星人プラスの運勢~相性運まとめ(平成30年)

火星人プラスの2018年は立花で良い運勢です。あなたの運勢が良い方向に向いていることもあって相性が良い人とは積極的に絡んでいきましょう。相手の運気も良ければ新しい付き合いだったとしても積極的にいきましょう。ただし、殺界の月には注意。立花は悪いことは増幅する傾向にあります。

更に詳細に火星人プラスの2018年の相性運について知りたい人は細木数子先生の書籍で確認ください。

細木数子先生の六星占術関連書籍


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です