六星占術、種子とは?

ラッキーアイテム

今回は六星占術の12運命周期の中のうちの1つ<種子>について説明します。12周期の一番最初の種子についてしっかいりと確認していきましょう!


スポンサーリンク

種子とは?

六星占術における<種子>は12の運命周期の始まり、一番最初になります。長い大殺界を終え新しく始まる運勢の最初。

総合的に見て、自分の運命が良い方向に回転し始める時だと考えるといいでしょう。そして、物事を開始するのに良い時期だと考えてください。

結婚、就職、引っ越しなどにも良い時期になります。この時期に知り合った人は将来的にもあなたにとって大事な人になることが多いです。

新しく商売を始めたりすると、将来、大きな実りが期待できます。

 

種子の時期の過ごし方

<種子>から運命が良い方向に動き始めるということで何かを始めるといいでしょう。規模は小さくても将来のための布石を打っておくといいです。

ただし運気は好転し始めたばかりです。将来を良くしてくれる種を傷つけないように最新の注意も払っていきましょう。

 

12運命周期それぞれの考え方について

その他の運命周期についても順次まとめていきます。以下のリンク先でそれぞれの運命周期について確認してください。

順番 12周期
1 種子
2 緑生
3 立花
4 健弱(小殺界)
5 達成
6 乱気(中殺界)
7 再会
8 財政
9 安定
10 陰影(大殺界)
11 停止(大殺界)
12 減退(大殺界)

(12運命周期全体の考え方はこちら⇒六星占術、運命周期(12周期)

 

六星占術、種子について

  • 六星占術の12周期の一番最初は<種子>
  • <種子>は新しいことを始めるのにぴったり
  • ただしまだ弱いので注意もはらって

今回は六星占術の<種子>についてまとめました。何か新しいことを始めたいと思っていたら、この種子の時期に合わせるといいでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA