【六星占術】天王星人(プラス、マイナス)の性格と相性ランキング

天王星

細木かおり先生の六星占術の天王星人プラス、マイナスの人全体のの性格について説明します。またその性格から導かれる恋愛や結婚の考え方、そして才能や将来の進路、適正などについて説明します。

後天的な影響の方が大きいと思われるので、あくまでもおおまかな傾向ということで1つの参考に留めてください。先天的な情報のみで判断すると失敗することも多いです。

また天王星人の性格から導かれる相性ランキングもまとめていますので下がって確認ください。相性については毎年かわりゆく相性の方が重要視されるのでそれも合わせて確認することをおすすめします(その辺りもランキング情報に詳しく説明します)。

また、こちらは天王星人プラス、マイナスの人の性格、相性、結婚間になります。まだ自分の六星(運命星)や調べたい人の六星(運命星)が分からないという人は六星(運命星)の判別を先にしてください。

細木かおりの六星占術、占いの方法

それでは天王星人の性格、愛や結婚の考え方、そして才能や将来の進路、適正、相性ランキングについて説明していきます。少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク

天王星人の性格

天王星人の性格は集団よりも個を好む傾向にあります。あまり周りにとらわれず現実的で頑固、自由でわが道を行くタイプ。それでいて優柔不断な側面もあり流されやすい。

まずは家族や親族、そして友人や知人と優先順位を決めて周りの人を大事にするので良い家族や仲間関係を築く傾向があります。そのため信頼されやすく自然と仲間が集まります。

ただし考えを押し付けてしまう頑固な面が出ると身近な人は苦しくなってしまいます。相手を認めることも意識したいところ。

天王星人は自分自身には甘い面もあるので自分を律するようにしたい。許してくれる人と付き合うとずるずるはまってしまいそうなので、甘えを許さず対応してくれる人と意識して付き合うと良さそうです。

 

天王星人の性格から考える恋愛、結婚など

天王星人の恋愛、結婚などの特徴を以下に列挙します。

 

天王星人が恋愛を楽しむ方法

天王星人は恋することが大好き、そしてもてる人が多いです。浮気性もあるので注意したい。自由に動きすぎて危険な恋に走り失敗する可能性があるので自重するぐらいで丁度良さそうです。そして自らの相手はしっかりと向き合ってくれる相手が良さそうです。

また他の運命星の人から見ると天王星人を相手にする場合は価値観の違いにとまどうことも多くありそう。天王星人と付き合うならば相手のことを知る努力も必要です。自分が相手をコントロールするぐらいのつもりで。情にほだされやすい部分もあるのでうまくその辺りを刺激するのも良さそうです。

 

天王星人の結婚

天王星人は自由ですが逆に捉えるとルーズ。ちょっとしたことで浮気などに走ってしまう可能性もあります。自分自身ではそれほど悪気がなくても相手から見たら大問題。価値観の違いによる破局もあるので注意したい。

その辺りで意固地になっても厳しい、頑固なところもあるので相手に合わせる努力もしましょう。先にも紹介したように自重するぐらいで丁度良いと考えてください。

逆に天王星人との結婚を考える場合は自分がリードした方が良さそう。

 

天王星人の家庭円満の秘訣

天王星人は愛情豊かで楽しい家庭を築くことができそうです。ただし相手や周りのことも考えて過剰な愛情表現は控えたほうがいいかも。

その辺り自分の価値観を押し付けてしまいがちなので性格の違う家族だとしんどくなるかもしれません。誰もがあなたと同じではないので、相手の考え方や価値観も考慮してあげたいところです。

また天王星人特有のルーズさもあるのであまり自分勝手に動くと呆れられてしまうかも。約束などはしっかりと守るようにしましょう。

 

天王星人の才能、進路、適正など

天王星人は基本的にはスター性があり目立ちたがり屋が多いです。

 

天王星人の才能

スター性があるのでたくさんの人と接する仕事などに向いています。ただし優柔不断なところがあり流されやすいので注意したい。

好奇心旺盛なので、まずはいろいろなことに触れて自分が適していると思う分野で頑張りましょう。

 

天王星人の進路、適正など

人と接する仕事に向いているということで飲食店、接客業、営業系などの仕事に向いています。

人付き合い重視が好きと自覚しているならばその職種についていろいろと調べチャレンジするといいでしょう。

逆に天王星人は単調な仕事にはあまり向いていない傾向にあります。もちろん全ての天王星人がそうであるわけではありませんが自分自身が単調な仕事に向いていないと自覚する部分があるならば仕事を探す時にもそれを考慮したいところです。

 

木星人(プラス、マイナス)の相性ランキング

天王星人人(プラス、マイナス)の相性ランキングを以下にまとめます。個人的見解も含めてあくまでもおおざっぱにまとめているので参考まで。

相互に相手の性格などを認め合い寛容さをもつことができれば(簡単ではないですが)ランキングは変動します。良くない相性でも最良の相手になるケースもあり得ます。逆に相手のことを認める努力を怠るとランキング上位でも簡単に破綻するので注意したいところです。

(また年ごとに変動する天運の相性運の方が重要とも言われています。天運は少し下にまとめているので参考にしてください)

1位、金星人

金星人も天王星人と同じく自由なところがあり比較的、お互いが理解しやすく相性も良さそう。お付き合いする上では一番楽しくなる組み合わせかもしれません。

ただし結婚となると価値観の相違が大きくなるかも。金星人は結婚後も束縛されることを嫌う傾向にあります。

 

2位、木星人

木星人は慎重で真面目な性格な人が多く天王星人とは対照的。一見うまくいかないように感じそうですが、現実には天王星人としては性格が対照的な木星人が良き相談相手になりそう。自分の悪いところを的確に諭してくれそうです。

お互いに良い部分を認め合えば最良の組み合わせとも言えそうです。結婚後も良きパートナーに慣れそう。ただし、逆に反発する可能性もあるのでお互いに譲歩をする努力も必要でしょう。

 

3位、火星人

火星人はなかなか人に心を許さないのですが一旦許すとすごく仲良くなれます。天王星人との人の良さでその壁を破りたいところ。自分がペースを握るつもりで積極的に動きたい。

結婚するのも良い組み合わせと言えそうです。ただしお互いマイペースな部分もあるのですれ違いが多くなる可能性もあり注意したい。

 

4位、土星人

天王星人は土星人の完璧主義に呆れて疲れてしまうかもしれません。しかしながら逆に考えると土星人は自分のおおざっぱで悪いところをしっかりと指摘してくれる素晴らしい存在とも言えます。

多少なりとも面倒に感じるかもしれませんが自分のためを思って言ってくれるのだと譲歩する姿勢も必要です。逆に土星人の人は自分の価値観を押し付けすぎないように注意したい。

相性自体はそれほど悪くないのですが価値観の違いの大きなところが気になるところ。結婚した後もその価値観の違いに悩むことがあるかもしれません。

 

5位、水星人

天王星人は独立心が旺盛で目立つ水星人をうらやむ気持ちが強くなるかもしれません。しかしながら人は人、自分は自分で良いところがあるので比較してもあまり意味はありません。お互いに協力できるような形で付き合うのが理想的。

相手の良いところを尊重し自分より上にいると思ったら目標にするぐらいが丁度いいでしょう。

 

6位、天王星人

お互いに天王星人ということで分かり合える部分もありますが、お互いに緩い部分があるのでそのまま何も進まず時が過ぎてしまいそう。

どちらかがリーダーシップをとって計画通りに進めるように管理したいところです。

 

年運がより重要

これまで天王星人の性格や結婚、才能、適正などの考え方、相性ランキングを見てきましたが、現実には年別の運気やそれらから求められる運勢の方がより重要視されます。

すなわち年によってそれらの運勢や相性は大きく変わります。

よって天王星人の運気の最新情報は常にチェックするようにしてください。以下のリンク先で2022年の情報をまとめているので参考にどうぞ。

2022年天王星人プラスの運勢、恋愛・結婚、仕事・転職・勉強、金運・財運など

2022年木星人マイナスの運勢、恋愛・結婚、仕事・転職・勉強、金運・財運など

2022年天王星プラスの相性運(令和4年)

2022年天王星マイナスの相性運(令和4年)

 

天王星人(プラス、マイナス)の性格、相性、結婚、才能、適正まとめ

今回は天王星人全体(プラス、マイナス)の性格、相性、結婚、才能、適正などをまとめました。

天王星人はスター性があるタイプの人が多いようです。そして人気者になれる傾向にあります。ただし他人はその自由さについていけないこともあるのでほどほどに。自重するぐらいが丁度良いと考え、価値観の違いを考慮し相手を認めるように努めましょう。

更に詳細に天王星人について知りたい人は細木かおり先生(細木数子先生から引き継いでおられます)の書籍で確認ください。最新の天王星人関連の書籍を常に手元においていつでもチェックできるようにすることをおすすめします。

細木かおり先生(細木数子)の六星占術関連書籍


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です