天王星人マイナスのラッキーカラー、ラッキーデーなど

ラッキー占い

天王星人マイナスのラッキーカラー、ラッキーデー、ラッキーアイテム、などをまとめます。

Check!
自分の運命星や調べたい人の運命星が分からない場合は先に調べてください。

細木数子の六星占術、占いの方法
運勢をアップさせるためにラッキーなもので周りを固めてくださいね!まずは身近な財布とか携帯とかラッキーカラーでまとめるといいでしょう。


スポンサーリンク

部屋のインテリアなどはラッキーカラー、ラッキーアイテムをチェックすると良さそう。これらを見直すだけで運勢が変わるかもしれません。

また旅行などに行く時など何か行動を起こす時にはラッキーデー、ラッキースポット、ラッキーな方角などもチェックするといいでしょう。

天王星人マイナスのラッキーカラー、アンラッキーカラー

色イメージ

天王星人マイナスのラッキーカラー、アンラッキーカラーは以下の通りです。紫、紺などがラッキーカラーということで注目です。逆に黄などがアンラッキーカラー(タブー)ということで注意してください。

ラッキーカラー アンラッキーカラー
(タブー)
紫色
紺色
など
黄色
など

(一部のみ紹介しています。その他のラッキーカラーなどは書籍で確認ください⇒細木数子先生の六星占術書籍

(ラッキーカラーなどを参考にして財布や金運グッズなどを購入する時にはこちらも参考に⇒開運グッズは金運などに効果絶大?

 

天王星人マイナスのラッキーアイテム、ラッキースポットなど

ラッキーアイテム

天王星人マイナスのラッキーアイテム、ラッキースポットなどは以下の通りです。自分の好きなものがあればベストですね。ラッキーアイテムは身に付けたりバッグなどに入れて常に持ち歩くかか部屋に置いておくといいでしょう。

  ラッキーポイント
ラッキーアイテム 陶磁器

など
ラッキースポット ホテルのロビー
野球場
など
ラッキーなスポーツ バレーボール
テニス
など

(一部のみ紹介しています。その他のラッキーアイテムなどは書籍で確認ください⇒細木数子先生の六星占術書籍

(ラッキーアイテムなどを参考にして金運グッズなどを購入する時にはこちらも参考に⇒開運グッズは金運などに効果絶大?

 

天王星人マイナス、2020年のラッキーデーなど

2020年のラッキーな月、ラッキーデーなどの情報をまとめます。

 

2020年のラッキーデーとアンラッキーデー

天王星人マイナス、2020年のラッキーデー、アンラッキーデーを確認していきます。

まず2020年のラッキーデーは六星占術の日運カレンダーより大安、達成、再会などを目安にするといいでしょう。逆に大殺界はアンラッキーデーと考えてください。

(日運カレンダーはこちら⇒2020年天王星人マイナスの日運カレンダー

ただしラッキーデーにも様々な考え方があります。例えば宝くじを購入する場合ならば大安よりも金運の良い財成を重視した方が良い。何かを新しく始めるならば種子、緑生、立花がおすすめという視点もあります。目的に応じて日を選んでください。

一方で運気が低迷している時期を考えると、大殺界だけでなく中殺界や小殺界も状況によってはアンラッキーデーにもなりえます。

また視点が全く逆になりますが、じっくりと実力を蓄えたい時など状況によっては大殺界の方が良い場合もあります。一見、矛盾しているようにも見えますがこの辺り六星占術の運勢の12周期それぞれの解説も必要に応じて確認ください。

(参考:六星占術の運命周期(12周期)

 

2020年のラッキーな月、ラッキーな方角など

天王星人マイナスの2020年のラッキー月は以下の通りです。書籍ではラッキーな方角も書いてあるので旅行に行く時など方角が気になる場合は参考にしてください。宝くじなどを買うのもこの方角を参考にするといいかも。

(各月の詳細な運勢はこちら⇒天王星人マイナス2020年運勢、月運

  ラッキー アンラッキー
1月、3月、11月
(2月、7月~9月)
4月~6月
(10月、12月)

(書籍はこちら:細木数子先生の六星占術書籍

 

2021年以降の運勢診断

気が早い人は2021年以降の診断もしましょう(大殺界早見表のみです)。

天王星人マイナスの年運表、月運表

大殺界早見表2021 天王星人マイナスの日運カレンダー

 

天王星人マイナスのラッキーカラー、ラッキーデーなどまとめ

天王星人マイナスのラッキーカラー、ラッキーデーなどをまとめました。何か行動を起こす時に参考にしてくださいね。

他の人のラッキーカラー、ラッキーデーなどを知りたい場合は以下のリンク先から確認してください。

六星占術ラッキーカラー、ラッキーデーなど

また、今回のラッキーカラー、ラッキーアイテムは一部のみ紹介しています。詳細は細木数子先生の書籍を参考にしてください。

(参考:細木数子先生の六星占術書籍


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です