六星占術、立花とは?

ラッキーアイテム

今回は六星占術の12運命周期の中のうちの1つ<立花>について説明します。12周期では3番目に位置する<立花>についてしっかいりと確認していきましょう!


スポンサーリンク

立花とは?

六星占術における<立花>は12の運命周期の<種子><緑生>に続いて3番目になります。運勢は良好。この時期は今後の方向性を決定づける重要な時期と言えます。

この時期に得たものや成し遂げたものは生涯に渡って不動のものになる事が多いとされます。それが異性であれ財産であれ生涯に渡って続くことが多いということ。特に経済的にはこの時期に得たものはあなたが財運に恵まれるための基盤になることでしょう。

<立花>は他の運気と重なるとその運気をより強烈にする働きもあるので殺界と重なった時には要注意です。例えば年運が<立花>で月運が<大殺界>、逆に年運が<大殺界>で月運が<立花>などのパターンなど注意しましょう。

 

立花の時期の過ごし方

先にも書いた通り<立花>は運命を決定付ける時期で、この時期に得たものは生涯続くことが多い。

家を買ったらその家を手放すことはないでしょうし家庭を得たらずっと幸せになれる可能性が高い。生涯に渡って守っていきたいものを決定付けるのに良い時期だと言えます。

ただし逆に考えるとこの時期に財を失ったり他人からの不評を買ってしまったりするとそれが決定付けられて生涯続いてしまう可能性もあるので注意。

この時期は12周期のうちで運気の指針を決定する重要なターニングポイント。ある意味ではこの<立花>が12年のうちで最も重要。動くことは必要ですが慎重な行動も必要です。

 

12運命周期それぞれの考え方について

その他の運命周期についても順次まとめていきます。以下のリンク先でそれぞれの運命周期について確認してください。

順番 12周期
1 種子
2 緑生
3 立花
4 健弱(小殺界)
5 達成
6 乱気(中殺界)
7 再会
8 財政
9 安定
10 陰影(大殺界)
11 停止(大殺界)
12 減退(大殺界)

(12運命周期全体の考え方はこちら⇒六星占術、運命周期(12周期)

六星占術、立花について

  • 六星占術の12周期の3番目は<立花>
  • この時期に得たものはずっと続くことが多い
  • <立花>は運気の指針を決定する重要なターニングポイント

今回は六星占術の<立花>についてまとめました。この時期に得たものはずっと続く傾向にあるのでマイホーム購入や結婚など良いと言えるでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です